FC2ブログ
さぁ アフリカ大陸と言えば
そう!砂漠地帯が早々に待っている・・・
ですが・・ここは千葉!(あっ言っちゃいけない・・)

RIMG0295.jpg
なので ちょっと珍しいトンネルも
この辺りの名所なのだ・・・

65421044_1392140117595945_8224691853048414208_n.jpg
今年のルートは
どんな冒険が待っているんでしょうか・・
なので、そんなにのんびり出来ませんよ!
っと 林道っぽい入り口到着。。

RIMG0279.jpg
よぉ~し 待ってろ!
アフリカ大陸。。。
っと いきなりの 荒地に突入!

RIMG0280.jpg
近日ののせいか
かなり えぐられております。。

RIMG0281.jpg
しかし、皆 原付と言えど
走り方を熟知している
ラリーストたちばかり・・・

RIMG0286.jpg
何てことなく
普通にクリアして走り去ります!

RIMG0283.jpg
余裕あり過ぎて
変なライディングをする輩も・・・

RIMG0288.jpg
時にはこんな端っこ
走りやすかったり します。。。

クリップボード01
年寄りはと言うと・・・
お茶の子さいさい

IMG_0034_BURST0010008.jpg
そんな感じで楽しんでおります!!
楽しぃ・・・!!

RIMG0289.jpg
そして 天気のほうは
梅雨時にありがちな降ったり止んだり
なのでちょっと高い山の中は
御覧の様に 霧の中・・・幻想的!

RIMG0297.jpg
でも、ザーザー降りじゃ無いから
ラリーはかなり楽しんで
駒を進める 選手達なのであります。

RIMG0298.jpg
いつの間にか
コースはアフリカの山奥・・・
道幅もかなり狭い所までやって来ました!

RIMG0299.jpg
と言っても ちゃんと道路。。
ガードレールもあるので
整備されてる方が 居るんでしょうねぇ。。
気持ちよく走れます。。

RIMG0300.jpg
っと 安心したのもつかの間!
車じゃ無理な ステアケース・・・
そんな かなりの段差を飛び越え・・

RIMG0301.jpg
尾根道のような
両側の場所を
すり抜け 駒を進めます。。。

RIMG0302.jpg
またしても・・・
ココはかなり掘れまくった
沼地越え・・・

RIMG0303.jpg
絶対中には入りたくないですよ・・
深さがわからないほど
ずぶずぶ地帯。。で回り道・・・
いと楽し!

RIMG0304.jpg
そんなアフリカ一番
苦境コースを堪能した年寄り
切通し断層をかすめ
キャンプ地へ向かいます。。

DSC_0949.jpg
主催者の小池君
流石と言えるのは
こんな観光地まで
コースに取り入れているところ!

DSC_0950.jpg
晴れていれば
見渡せて気持ちよかったんでしょうねぇ
ちょっと残念。。

65872420_1392748947535062_7191859175930986496_n.jpg
という事で
Day1 完走いたしました。。。
到着したのは 湖畔のキャンプ場!
天気のせいか 人、少なめでございます・・・

という事で 第二弾
お終い。。 つづく・・・
スポンサーサイト
毎年恒例行事になりつつある
原付で走る ラリー企画。。

クリップボード01
そうです!
原付パリダカールラリー・・・
今年はアルジェリア記念大会という事で

DSC_0919.jpg
ステッカーにも『Alger』の文字が・・・
春の開催が主催者の都合でちょっと遅れ

RIMG0259.jpg
この梅雨の季節になってしまい
今年の参加者は少なめ。。。

DSC_0910.jpg
年寄りはこのラリーの為に・・・
と 新調した 超軽量ラリーマップを登場させ
やる気満々!!でございます。。

RIMG0260.jpg
パリのベルサイユ宮殿に集まった
勇者達・・雨対策も万全です!!

RIMG0261.jpg
今年は カミオンも参加・・
走れるところは限られてますが・・・
キャンプ地までの輸送はお手の物・・・ですね!

FB_IMG_1561800504914.jpg
FB_IMG_1561800529996.jpg
準備が出来たところでブリーフィング!
これ以上天候が悪化しないことを祈りつつ・・・
集合写真でございます!

FB_IMG_1561800511321.jpg
さぁスタートです!
FB_IMG_1561800543742.jpg
スターターを勤める 主催者小池君。。
FB_IMG_1561800541671.jpg
各者の健闘をたたえます。。

RIMG0265.jpg
ヨーロッパステージ
去年と同じルートなのでお気楽間満載で走ったせいか?
ミスコースだらけでいつの間にか
最終組に・・・

RIMG0266.jpg
なので・・・あちこちに立ち寄って
写真撮りまくり・・・

RIMG0268.jpg
挙句に山下公園のマックで
優雅に朝食まで取ったもんだから
ドンケツのビリは確実です。。

RIMG0269.jpg
スペインのフェリーターミナルに
到着した頃は 30分後の出航を待つ
最終組に合流!
そそくさと 昼食の『横須賀海軍カレー』を堪能!

RIMG0270.jpg
1590円の片道切符を購入・・
原付だと 安いんですよ。。

RIMG0271.jpg
小さい車両をてきぱきと
固定する船員さん。。
いつもありがとうございます!

RIMG0274.jpg
船室では 先着組みが
既に羽根を休め休憩中。。
40分の船旅を楽しみます。。

RIMG0276.jpg
さぁアフリカ大陸に到着ですよ!!
年寄り含め このフェリー組みは
ガソリンを給油し・・・
人気のカフェにでも立ち寄ろう!

RIMG0278.jpg
という事で 『岬カフェ』 さんへ
雨模様だったので ガラガラの店内
ボサノバチックな音楽と共に
暖かいコーヒーは皆を元気付けてくれました。。。

という事で 
次回、アフリカステージ 苦境の走破劇
お楽しみに。。。!
また、あの季節
やってきました
KIMG2101.jpg
原付限定のラリー・・・
題して『原チャリ パリダカ』(パリダカ=パリ~ダカール)
本当に行くわけじゃなく
東京湾をジブラルタル海峡に見立てて
アフリカ大陸(千葉)を走り回る!! という企画。。

KIMG2108.jpg
去年走って 気になるところを改善し
ブレーキの効きを良くして見ました。。
25mmほど伸ばしたアーム
かなり効果あり!1170円なり。。

KIMG2110.jpg
去年 つなぎにペイントしていた
ウエアーですが 今年は
それなりの ジャケットを準備し・・・

KIMG2114.jpg
お決まりの ステッカー
製作いたしました!!
気分は パリダカ!
でも、予報なんだよなぁ~~~。。。
いろんな企画を行うミサイルですが
今回は ゴーカートでチーム対抗
プチレースをしよう。。
images_20190611182657166.jpg
そんな企画が立ち上がりましたので
参加して参りました!

62524241_454806035269883_7512206784946241536_n.jpg
まぁそれだけの企画に納まる訳も無く
やっぱりと言うか 前夜に
小池宅にお邪魔し 

DSC_0871.jpg
小池父さん自作のピザ釜で
多種多様の食材を持ち寄り

DSC_0873.jpg
ビールやワインでワイワイガヤガヤ
ピザパーで盛り上がり!!
(これはブルーチーズ入りはちみつがけピザ!)

KIMG2083.jpg
朝は朝で 直火の焚き火で暖を取りながら
時間をつぶすと言う
なんとも贅沢な日曜の朝を迎えた一行・・・

クリップボード013
高速移動で 千葉県の八千代
降り立ち、目指すコースが
ネオスピードパークさん。。。
体感速度・・なんと!200km。。。
レンタルカートで貸し切り時間内に
練習走行、予選、本番!
小さいコースながら 1週約30秒強の起伏のあるコースに
皆さん わくわくドキドキの体験が始まります。。

クリップボード014
相手チームはラリーストのアシカガさん
会社の有志を引き連れての参加。。
他に、飲食業界チームも揃っています。。

班分けで あみだくじを行い
ミサイルA、Bチームを分けました。
年寄りはAチーム小池・尚君と一緒。。
Bチームはゲンゲン・ぬまぬま・吉村君!

クリップボード001
ポールポジションをとったのは
予選タイムが良かった ミサイルBチーム
だって 唯一の経験者 ゲンゲンさんが居るからねぇ・・
そんなAチームはと言うと 
6チーム中 ビリッけつ・・・涙!!
一番手の ぬまぬま・尚君のスタートです。。

クリップボード003
皆に黙って こそ練をしたという
ぬまぬま・・・二位以下を押さえて
トップで周回・・・

クリップボード017
しかし!なんと・・
ビリだった尚君。。
第一コーナーで まさかのインコース攻め!!

クリップボード018
突っ込み勝負!さながらの
ブレーキで車体を横にずらしながら
コーナーイン!!

クリップボード019
なんと! 2台をパス
一気に四番手で 周回はじめ・・・
まぁ 勝負のときは 遠慮なしですよねぇ・・・

クリップボード015
ここで コースの怖いところ説明です。。
起伏があるストレ-ト裏のS字コーナーですが
先がわかっていても どーしてもアクセルを抜いてしまう・・・
そんなビビリポイント!
でも、勝負はコーナー前のブレーキ合戦なんですけどねぇ・・・

クリップボード016
そして 自分の順位やタイムは
この電光掲示板が知らせてくれるんです。。
でも、バトル中は 見る余裕すら無くなるから 不思議・・・

クリップボード002
おっと! 第一走者の終盤
レース展開に変化が・・・
なんと 2・3位の選手がスピンで絡む中
横をすり抜けた尚君!一気に2位へ!
更に!ぬまぬまをコーナーでパスし トップで小池君に繋ぐという
ドラマチックな展開!!!

クリップボード004
そして Bチーム二番手は吉村君。。
前半の第一コーナーで大スピン!!
その後から 意気消沈してしまったらしく
スピードダウン・・・
Aチーム二番手の小池くんの勇士が見当たらない・・・ごめん!
でも、仕事はキッチリ小池君 首位をキープで
とうとう 最後の年寄りにバトンが渡ります。。。

クリップボード006
尚君、小池君が平均ラップ31秒を
たたき出していたので
がんばる年寄りですが
コーナーのブレーキがいまいち決まらず
33秒台のへなちょこタイム・・

クリップボード008
しかし、中盤からは
ブレーキングやコース取りにも慣れ
31秒台に手が届くという・・・中。。。

クリップボード007
以前もココを走った事があるという アシカガさん
ブレーキング競争でパスされ・・・必死に食いつく年寄り。。。

クリップボード005
更に 唯一の経験者 
ゲンゲンさんが 猛チャージ!!
30秒台で追い上げてきます・・・
そして一気にオーバーシュート・・やられました・・・
がんばれ年寄り・・・!!

クリップボード009
っと みなさんの心配も何処へやら・・・
結局、首位キープで周回を重ねた甲斐があって
なんと ミサイルAチーム 総合優勝!!!
ありがとう尚君。小池君。。。

クリップボード010
優勝のメダルと 皆さんの拍手喝采に
しばし酔っていたAチーム
シャンパン代わりの ペリエでシャワータイムの始まり・・・

クリップボード011
いやぁ~ 優勝台の 優越感・・・
なんとも良いもんですなぁ・・・
味のないペリエも美味しく感じた 年寄りでした。。。

クリップボード0123
加えて!
ミサイルさんから 優勝賞金まで頂いたので
帰りに皆でラーメン食べて祝勝会と反省会・・・

楽しい日曜日を 過ごさせていただきました!
バイクだけじゃない
そんなミサイルチーム。。

RIMG0222.jpg
有志の皆さんを引き連れ
やっと春が訪れた
水芭蕉咲き誇る『尾瀬』に行って参りました!

RIMG0223.jpg
始発のバスが早朝4:40と言う事で
前夜から尾瀬に乗り込み
各自準備万端。。
ココ 鳩待峠からのハイク開始でございます。。

RIMG0224.jpg
初期メンバー 尚君夫婦をはじめ
皆さん ラリーのツワモノばかり・・・
我先にと こぞって参加してくれましたこの7名。。

RIMG0228.jpg
峠ですから 勿論スタートは下りから。。
まもなく今年初の水芭蕉のお出迎え!

IMGP7757.jpg
おや?今年は量が多いかなぁ???

DSC_0836.jpg
40分も下ると
第一ポイント山の鼻・・尾瀬ヶ原の入り口でございます。。
今日のコースを説明する 年寄り 
楽チン滝見物コースと決めておりました。。

RIMG0240.jpg
残雪残る 至仏山 いつ見ても綺麗ですなぁ。。

DSC_0847.jpg
やはりいつもより1週間ほど
時期が遅れたせいか?
水芭蕉の群生があちらこちらに広がっております。。

IMGP7768.jpg
女性的な至仏に比べ
男性的な 燧ケ岳 こちらも格好が宜しく 好きな山。。

DSC_0849.jpg
尚君が 良い写真を撮ってくれました!
そんなミサイル一行です。。。

DSC_0855.jpg
先頭ペースメーカーは年寄りですが・・・
こんな遅いペースじゃ・・・お先にぃ~!
っと 物足りないユウパパ、吉川夫婦は先へ・・・
スパルタンレースの常連です。。

RIMG0245.jpg
景色の良い場所で
チョコチョコ休憩を入れながら
一行は 『三条の滝』へ駒を進めます。

IMGP7788.jpg
木道からしばしお別れ
普通の登山道でしばらく下ると
渓流の音がひときわ大きくなります
平滑ノ滝(ひらなめのたき)ですねぇ!
緩やかな流れが500mほど続いていますよ。。

RIMG0249.jpg
更に下る事 数分・・
ついに到着です 
三条の滝・・・
おやぁ? 何でもこなせるラリーの達人も
水と高所には恐怖感があるとか・・・意外。。

RIMG0250.jpg
落差約100mのその雄姿は
尾瀬ヶ原の水を集めて豪快に流れ落ちています。
特にこの時期の水量は雪解けとあいまって
かなりの迫力!
日本三大名瀑にも名を挙げるほどの規模を誇っています!

62066205_1238351203008050_4762876666907197440_n.jpg
名瀑を存分に楽しみ
小休止を終えた一行
下ってきた山道を登り返します。。

RIMG0248.jpg
山道の疲労感を感じながら
折り返しの帰路につく一行
雲行きも怪しくなって来ましたよ・・・

RIMG0255.jpg
さぁ尾瀬も終盤
っと・・何だこの人は・・・!!
観光ツアー客の集団が 列を成しております。。
これ程の大渋滞の尾瀬は初めてな年寄り・・
今度来るときは ルート設定も考慮しなきゃ・・です。

ご同行の皆様 お疲れ様でした!