FC2ブログ
先週日曜日の出勤で
ちょっとお疲れの年寄り。。。

KIMG1385.jpg
今日は、遅めのお目覚めで
三浦半島へポタリングランチ!

KIMG1386.jpg
家からは 小1時間の
馬堀海岸をスタート!

KIMG1388.jpg
走水を横目に
海岸線をなぞります。。。

KIMG1390.jpg
自転車乗り入れ禁止の
観音崎周辺は 徒歩でお散歩!

KIMG1391.jpg
階段担ぎで 久しぶりの灯台!
募金で入場・・見学できます。。

KIMG1392.jpg
この断層は一目見て奇麗な池子層
440~280万年前に1000~2000mの
深海に堆積した凝灰岩を主体とする層らしいです。

KIMG1393.jpg
明治17年に完成した 砲台跡です。
形状は ウサギの島と 同じですなぁ。。

KIMG1402.jpg
さぁ ココから本番!
ポタリングランチの時間です!
お店は レストランマテリア
テラス際の席で 海を眺めながら
贅沢な時間を過ごします。。

KIMG1395.jpg
ヤカンで仕上げる ブイヤベースが人気のお店です!
ってことで 今日のおすすめ。。

KIMG1396.jpg
夏が旬のイサキ?? のブイヤベース。。
付け合わせが 焼き栗とさつま芋 
こっちは旬で 素敵です!

KIMG1397.jpg
待ってました! 
デザートは これまた横浜で有名な
生プリン!!

KIMG1398.jpg
おもちゃ的ニワトリから
ポコン!と 産み落とされた
新鮮な黄身を トッピング。。

KIMG1399.jpg
カラメルソースをたっぷり掛け
準備完了!!

KIMG1400.jpg
濃厚な黄身を
つぶして かき混ぜれば・・・
生プリンの出来上がり

KIMG1401.jpg
ということで
美味しく完食!!
たった15kmのランチ散歩でした。。。
2018.11.05 闘癌中
ずいぶん経ってからの報告ですが
親父も癌で闘っています!!

KIMG1136.jpg
発見は夏、真っ最中
初夏ごろから 体調不良が続いていた父
免疫低下?からの 大腸癌でした・・・。

年寄りの癌は 進行が遅い・・・
と言うのは 決まったことではないらしく
父の場合は 進行性の癌!

KIMG1258.jpg
見つかったときは 肝臓にまで転移!
リンパも侵されていました。。。
と言うことで 親戚縁者をはるばる呼びつけ・・
皆に励まされ 寿命だとあきらめていた人生を
再び復活させた父。。。

1541314283061.jpg
入院当初から比べると
かなり痩せて 42キロと女子並み。。
4か月かけて娑婆に出てきました!

KIMG1286.jpg
しばらく様子を見て 体調がよくなってきた
親父に 箱根に行くかぁ??
と聞くと 行こう!との回答。。
本人がその気なら 連れて行くのが親孝行。。
初冠雪の富士に元気をもらった親父!

KIMG1309.jpg
週をまたいで 二度目の箱根。。。
食欲も出てきて 体力回復を目指して
いろんな食材に挑戦!
今までは おかゆしか食べられてませんでしたからねぇ・・・

KIMG1317.jpg
更に 調子に乗って 闘病の報告がてら
いつもの桃農園に立ち寄り。。。

KIMG1315.jpg
桃の時期は既に終わっているのですが
この時期は サンフジの収穫が始まったばかり!

KIMG1316.jpg
旬のリンゴを早速試食・・・
何と美味しいことでしょう!!!
一箱ご購入!

KIMG1313.jpg
更には 名産の『甲州百匁柿』(ひゃくめがき)も
GET! 百匁って約375グラムです。
だからかなり大きい・・・・

KIMG1314.jpg
これは 渋柿なので 吊るし柿用!
直ぐには食べられません。。。

KIMG1310.jpg
こんな感じで 甲州の風物詩的な感じ。。
粒が大きいので 圧巻ですよ。。。

KIMG1312.jpg
道すがら 今年最後の葡萄も
手に入れることが出来 
なんとも 満足な快気ドライブとなった訳です。

と言うことで みんなに元気をもらって
もう少し 寿命を延ばすことが出来ています!
以上 報告終わり。。
Kiosk って 売店の??
RIMG4371.jpg
早いもので
本日最終日・・なぁ臺灣。。
この機械からスタートです!!

RIMG4372.jpg
実はこれ レンタサイクルの受付機なんです。。
私の場合 カード払いで登録。。
でっ時間貸し 致しまする。。

RIMG4378.jpg
ホテルの裏路地で借りた
レンタサイクルで 向かった所・・・
先ずは朝飯で空腹を満たします。。

RIMG4374.jpg
朝は  でしょう。。
ということで 粥と書いてあるのぼりに
引っ掛かりました・・
気さくなおばちゃんが作る 芋粥です。。

RIMG4375.jpg
飲み物は 当然 豆乳プレーンですねぇ!
王道かな。。。

RIMG4376.jpg
中には 芋頭のような
しっかりした食感の お芋。。
あっさり味で 旨し!

RIMG4379.jpg
でもって 本日の目的地はと言うと
旅の締めは 温泉でしょ!!
ということで 台北の奥座敷・・・
北投温泉へ レッツラゴー!!
途中の豪華ホテルで 記念撮影。。

RIMG4381.jpg
公園の敷地内には
かつての戦闘機。。。
憧れの F-86 セイバーですねぇ 

KIMG1192.jpg
距離にして 約12km程でしょうか
かなり蒸し暑い日でしたが
頑張ってます!

RIMG4383.jpg
やっとのこと 到着です。。
町のはずれに有るんですねぇ
この温泉。。どうやらこの奥が
源泉地のようです。。

RIMG4384.jpg
でっ!でかい!!
この池が 源泉地。。。
かなりの広さで 周囲は湿度・温度ともに
サウナレベル!!!

RIMG4389.jpg
看板の説明では
温度 75℃ PH値 1.4-1.6の強酸性!!
と聞くと 入ってみたくなりますよねぇ。。

RIMG4394.jpg
おやおや??
地熱谷入口付近に有りましたよ・・
入浴できる お店が。。。

RIMG4392.jpg
日本の田舎に有りそうな
そんなたたずまい。。
期待できそうです!

RIMG4390.jpg
そして 案内された場所が・・・・
・・・・おっ おぉぉぉ・・・っ!
こっ これが この温泉街の普通なのかぁ・・・?

RIMG4391.jpg
そんな状況で めげる年寄りじゃ有りません!
蛇口をひねり 温泉を投入!
しっかり満喫しましたよ!
ただし 初めての人は要注意。。
傷や皮膚スレが有る場合 激痛です!
当然 股間もね 最初のうちはです・・・
慣れますけどね。。。目に入ると 痛いです!!

RIMG4395.jpg
他にも 時代を感じさせる
こんな建物も まだありますよ。。
ゆっくり歩いてみるのも 良いかもです。。

RIMG4397.jpg
いつの間にか 昼時です。
台湾料理じゃなく 違ったものを探す年寄り。。

RIMG4398.jpg
有りました ピザのパクリでお好み焼きのような
青のりが効いた野菜サンド!
店主に筆談で 
日本人好味 日本有 大阪御好焼!海苔風味
通じてました・・・笑。

RIMG4401.jpg
レンタサイクルとお別れし
ココから電車移動。。
とある有名なお方を祀ったお寺に。。。

KIMG1196.jpg
正解は こんな人!
孔子さんですねぇ。。キャラ勢ぞろい。。

RIMG4402.jpg
暑さと 入浴の代償は
大量の汗!!
なので 地元のコインランドリーへ立ち寄り
帰路で着る服を確保!

RIMG4403.jpg
観光客が行きそうにない裏路地を通って
台北駅を目指します。。
の途中で 恒例のマンゴージュース100%です。

RIMG4404.jpg
季節が ド!ストライクということで
劇的に旨いっす。。。

RIMG4405.jpg
この後も 美味しそうな物を見つけると
つまみ食いを重ね。。。

RIMG4406.jpg
まぁ ちょっとづつですけどねぇ。。。
これも旨かったなぁ 焼き餃子!

KIMG1202.jpg
犬も暑いんでしょうね
グラサン タライ犬。。

RIMG4408.jpg
気が付くと 天気の悪くなってきた
台北を 空港に向かって移動しておりました。。。

line_1534590559551.jpg
空港では 時間をたっぷりとったので
余裕のお土産探し・・からの
最後の台湾料理満喫でございます。。
桃園空港の地下 行くべしですねぇ!

KIMG1203.jpg
では ピーチさん 羽田までよろしくです。。
羽田着は 深夜遅くです・・・おやすみなさい!

ということで 満喫臺灣 おしまいでございます。。
2018.10.03 ココから本番
皆さん お待たせ!
いよいよです。。
RIMG4324.jpg
さぁ 到着いたしました
ココは 花蓮 
台北から直線距離で120kmほど
南に下った 大きな町。

RIMG4325.jpg
実は、日本人移民発祥の地なんですねぇ
1904年に初めてこの地を開拓した・・
そんな日本と関わり深い町です。。

RIMG4326.jpg
そこから どうするかって??

話は長くなりますが 
30年も前に 同級生がこの地を訪れ
とある渓谷の壮大さに感銘を受け
臺灣行くならここを外すなかれ!
そんな思いをこの年になって やっと実現出来た。。
来たかった場所なんですよ。。

でっ 駅前で バイクをレンタルします・・・! 現地では祖車ねぇ

RIMG4367.jpg
計画は念入りでした。。
便利なもので ネットで調べれば出てくるもんです
同じような考えを実行している輩が・・・
国際免許は要らず! JAFから発行される中文免許書
3.5千円でお願いし 持ってまいりました。。。

RIMG4327.jpg
そして 片言の英語でこのバイクを1日レンタル。
料金はわずか 1700円程度で借りれちゃうんです。。
その間、パスポートはデポジット・・
保証代わりに預入。。

RIMG4328.jpg
125cc これがこちらのスタンダード。。
50ccじゃ無いんですねぇ‼

RIMG4329.jpg
メーカーは日本ではなく
韓国・・何だか 冷蔵庫の脱臭炭
みたいなメーカーですよっ。
YAMAHAとかは3倍の値段らしい・・・

KIMG1172.jpg
さぁ 準備OK・・
右側通行なので 気を付けながら出発です!
花蓮 の街は 大理石が有名!
だけあって 歩道やモニュメントまで大理石!!
豪華ねぇ・・

KIMG1173.jpg
勘を働かせ 海沿いまでは何とか到着!
夏なのに 海水浴客 誰もいない海・・・
遊泳禁止なんでしょうかねぇ??

RIMG4331.jpg
ココからは 交通量の少ない裏道で
北上します。。

RIMG4332.jpg
裏道だけに 墓地の中心を走らされ・・
ちょっとした 裏観光が出来ました。。

RIMG4335.jpg
裏道が国道にぶつかり
ココからは交通量多めの広い道で
目的地へ向かいます。。バイク専用のレーンもあり
安心ねぇ。。

RIMG4336.jpg
隣町の 新城 街中への分岐点ですねぇ
でっ年寄りは左に舵を取り
太魯閣(タロコ)へ向かいます。。
そうなんです!目的地は大理石の渓谷
タロコ渓谷!!

RIMG4360.jpg
さぁ 到着ですよ!入り口に。。。
ココからはゆっくりと観光モードです!

RIMG4337.jpg
この渓谷はかなり谷深く
山も急峻なので昔は結構危険な場所だったようで
がけ崩れが頻繁に起こっていた様子。

RIMG4338.jpg
今でも崩れてはいるようですが
危ない場所は トンネルやらで回避している感じです。。

RIMG4343.jpg
おっと! 始まりましたよ。。
ココからが この渓谷の見せ所。。

RIMG4342.jpg
渓谷に沿って走る1本道
観光客は皆さんヘルメットをかぶらされ
落石から頭を守っておられますねぇ。。

KIMG1180.jpg
かなり急峻な崖の下には
土砂を含み濁った川が・・・

KIMG1183.jpg
素掘りのトンネルはどれだけの労力で
時間をどれだけ使ったのでしょう・・
これ みんな大理石なんですよ。。。

RIMG4340.jpg
川で削られた場所は なるほど
大理石出てますねぇ。。

RIMG4346.jpg
凄いでしょ! ってゆうか 実際に行った人じゃないと
この壮大感は伝わらないのが悔しい写真です。。
落差2000m級の大理石のですよ。。。ポニョ!

RIMG4348.jpg
まぁ 今さらですけど
落石注意!!って言われたって。。。
こんな看板ばかりな そんな道です。。

RIMG4347.jpg
なので こんな落ちたて?
小石なんかは そこいらに落ちてますよ。。
危ない危ない!!

RIMG4352.jpg
ほらっ! 言わんこっちゃない・・
がけ崩れで 通行止めなのかぁ???

RIMG4349.jpg
あらら 近くまで見物来て見たら
クレーン使って 崩れた場所を
更に崩して 整備してました。。

RIMG4353.jpg
看板をみて 察するところ
1時間に10分程度は走れる感じでしょうか
その他は工事中!そんな事ですかねぇ
開通まで 待ちましょう。。。

RIMG4354.jpg
あれれ? この旅の目的は
タロコ渓谷・・もう とっくに過ぎたのでは??
っと お思いの皆様も多いはず。。。

ところがどっこい! そんな簡単には
問屋が卸さないのが 世の常でしょう。。

更なる目的が 存在していたのに
お気づきのあなた・・大したもんですよ。。

KIMG1186.jpg
と言うわけで 峠アタック
既に始まっているのです。。。
中部横貫公路 それは1960年には開通していた!
と言うから驚きの3000m級山岳道なのである。。

アタックと言うからには 完抜けしたいのだが
時間がない年寄り。。
ではっ せめて峠頂上の3000mを目指せ!
ということだったが バイクのしょぼさが仇となり
更なるは天候の悪化・・雨も降る始末。。。

クリップボード01
グーグルマップを頼りに
アタックを掛けていましたが もう少しで2000m・・・及ばずの
この場所で 悔しくも断念・・・涙!!!!

RIMG4358.jpg
まぁ お蔭で いい景色も見られましたし
次来る口実も出来た訳で・・・
良い下見になりましたよ!!

バイクはせめて250ccクラスを選択するべきでしょう。。
花蓮で1泊して朝からアタック 山奥の温泉で2泊目を満喫し・・
そんな次なる計画が既に出来上がった 年寄りでした。。。
あわよくば 自転車で・・・も良いなぁ!!

RIMG4362.jpg
復路のバイクは調子も上々!
当たり前かぁ 下りだしねぇ。。。
それはそうと 昼飯食っていなかった年寄り・・・
コンビニで休憩がてら 煮卵と梅ジュース+ヨーグルトねぇ。。

RIMG4361.jpg
レンタルバイクは 返す時
ガソリン満タンが約束!(この店はねぇ)

てなわけで 町はずれのスタンドの兄ちゃんに
ゼスチャーで満タンにしてもらうと・・・
2.54L・・75元?=約280円???
半日走りっぱなしで???

調べてみると 160kmは走ったと思うけど
燃費良すぎやしないかぁ??
でも・・返す時 既に燃料計が減っていたっけ・・
実際 満タンじゃなかったのかもねぇ。。じゃなきゃおかしい!

line_1534501394074.jpg
バイクも無事に返却
くったくたな年寄りは 腹を満たすため
周辺散歩・・ありました駅前に。。
羊肉と書かれたメニューを指さし 早速注文!

KIMG1188.jpg
あっさりスープの 魚肉団子スープ 魚丸湯 を堪能!
満腹状態で 約2時間の 台北への電車旅・・・
なかなか出来ない体験をして来ましたとさ。。。

最終日

つづく。。。
臺灣 二日目の朝

RIMG4278.jpg
ついにやって来ました
ココに来た目的を 果たす日が・・・
と言うことで 早朝のバスターミナルに。。

RIMG4279.jpg
文字は飛んで見えませんが
台北から羅東に向かう車両です

KIMG1167.jpg
座席は贅沢な3列シート
かなりゆったりです。。

RIMG4281.jpg
揺られること約1時間ちょっと
到着しました 快晴の 羅東

RIMG4284.jpg
さぁ トイレにでも行って 街中を・・・
と思ったら 水洗なのに
紙が無いトイレ。。。

RIMG4282.jpg
実は ドアの外に 有るんです。。
使った後は流さないで
ゴミ箱にポイ!そんな風習。。

RIMG4283.jpg
何ででしょう?
使う紙の量を 取り損なったらと思うと・・・

RIMG4307.jpg
無事に終えた 年寄り
次なるは 朝飯を食うべく
街中へ繰り出します。。

RIMG4288.jpg
何やら 人が急ぎ向かう方向へ
とぼとぼ歩いて向かうと
そこには 朝市が立ってるではありませんかぁ!

RIMG4306.jpg
釜山でもそうでしたが
見てて飽きないのが この築地的 朝市!

RIMG4289.jpg
その土地の食文化の象徴ですからねぇ!

RIMG4291.jpg
こんなデッカイマンゴーが
わずか160円程度・・・
と思ったら 1斤の単価だわ。。

RIMG4290.jpg
調べてみると 1斤:600g
だから これ2斤程度??
だったら320円・・本当なんでしょうか???
これなら毎日 食べちゃうねぇ。。。

RIMG4298.jpg
買って食べたい衝動にかられた年寄り
ふと見ると 熟れたパインを袋詰めにした商品が・・
半身入って約200円しない価格。即買い!!
そして 半端なく甘い!

RIMG4295.jpg
ココ羅東は海にも近いので
魚も豊富!

RIMG4296.jpg
日本と同じ魚貝類なので
ちょっと安心。。

RIMG4304.jpg
大量のサバはちょっと小ぶり
ゴマサバでしょうかねぇ。。

RIMG4309.jpg
素材だけではありません!
勿論。。加工品も
中華粥では必須なデンブや
魚の団子の種類の多さにビックリ!

RIMG4311.jpg
餃子もこんな感じで 売ってます!

RIMG4315.jpg
おっと!
甘いパインでごまかしていたお腹が
とうとう悲鳴をあげてきました。。

RIMG4316.jpg
てなわけで 台湾ではごく普通
定食屋さんへ。。。
数ある惣菜を指さして 注文!

RIMG4314.jpg
いわゆる ブッフェスタイル
そんな 朝市定食。。いただきます!!

RIMG4319.jpg
満腹な年寄りは 駅に戻り
ホームで電車を待ちます。。

RIMG4320.jpg
えっ? 何で乗り継いでまでして
移動するのか?って・・・

RIMG4323.jpg
だって 人気路線だから
台北からの直通切符 
予約が取れなかったんですよ。。

でも、この駅に途中下車して
良かったなぁ と思う年寄り
都心より田舎が面白いですからねぇ。。

そんなわけで 第三話
おしまいでございます。。。
つづく。。。。